[H] COROLLA LEVIN AE92

ハセガワ 1/24トヨタ カローラ レビン AE92 ③

内装とボディの細部を仕上げます。

 

内装ですが、キットの設定では板金むき出しなので、型を取ってダイソーのシールフェルトで内張を再現。

 

前期型と後期型でシート柄が異なるんですが、そこはご愛敬。それにしても、デカール貼るの大変でした。このキットの不満点を挙げるとするならば、前期型は確かにパワーウィンドウはメーカーオプションでしたので、ハンドパワーウィンドウでいいとしても、後期型は、GT APEX、GT-Z、ZSはパワーウィンドウが標準装備なのと内側のドアハンドルはスイッチと一体化していて前期型のそれとは異なるので、そこも再現してほしかったなぁ。

 

仕上の研ぎ出し完了後、細部を仕上げます。

ウィンドウモールは、GT-Zがブラックアウト、GT APEXはメッキなので、それぞれつや消しブラックとシルバーで塗装。ピラーは、組説だとセミグロスブラック指定ですが、実車はピアノブラックまでではないけど、それなりにつやがあるのでブラックにて塗装しました。

 

前後の向きを間違えないようにウォッシャーノズルを取り付けます。ゴマ粒ほどの小ささですけど、ちゃんとウォッシャーノズルの形状を再現できているのはすごいと思います!

 

テールレンズは、パーツを黒のマジックで縁取ることでキリっとします。

 

縁取りビフォー(上)アフター(下)。

 

ヘッドライトとグリルを取り付けます。前期型と後期型でグリルの形状とメッキのギラツキ感が異なるので、それも再現しました。前期型はスモークがかった感じで、後期型は上品なギラツキ具合に。

当時定番だったヘッドライトのイエローバルブ。それまでヘッドライトの色は「白または淡黄色」だったのが、2002年の法改正で「白色のみ」となったため、2006年1月以降に初度登録された車両では装着不可で車検は通りません!公道を走行すると違法改造による取り締まりの対象となります。

 

モールとバンパーのラインは、ハセガワのつや消しフィニッシュとミラーフィニッシュを細く切り出して貼り付け、最後にフロントバンパー取り付けて完成です!

ギャラリーもご覧ください!https://plamostudio.com/wp/gallery/car-model/corolla-levin-ae92/

-[H] COROLLA LEVIN AE92
-,

© 2022 プラモスタジオ -プラモ職人への道- Powered by AFFINGER5